ほこたてつうしん

音楽と文学と可愛いものすべてを愛する日記

I shop therefore I am

素面なのについ終電を逃し3時に新橋からタクシー7200円辛い。今読んでるやつ↓

f:id:hokotatetsushin:20180310205442j:image

1991年に生のリアリティの白さを語る岡キョン。90年代は遥か遠くになりにけり、なのに私こそなう乖離。それな!と膝を打つ気持ちと、尚ぜんぶ自分ごとに寄せて考えたい気持ちと。資本主義のドレイなので春物捕らえに行ってくる。効きはわるいが取り敢えずキメる。トレンドという安心を買う。

●私の人生、大事なことは半分くらいは酔っ払ってるから(加藤登紀子

KOTOちゃんとかBiSとかアイドルを見ていると、到底凡人では到達できないであろう境地に立っているのだなあと畏怖を覚える。ものすごいストレスと自己肯定感、焦燥感と多幸感を同時に抱えているんだろうな。

水城せとなの「世界で一番、俺が〇〇」の4巻が恐ろしすぎる。今まで読んだどんなホラーより怖かった。隣の少女より黒い家より!デスゲーム文脈のわりとお気楽な絶望ストーリーなんだけど、人心を操るってこういうことなんだ!っていう。優れたエンターテインメント作品でした。こえー🤨

●今更だけど月曜日の友達2巻、最高感ある。「人を思うつらさを味わった。人に思われる喜びを知った。友達がたったひとりできただけでこの世のすべてと戦えると思うくらい幸いが血潮を沸かした」

広告を非表示にする