ほこたてつうしん

音楽と文学と可愛いものすべてを愛する日記

暴風と海との恋を見ましたか

犬は吠えるがキャラバンは進む。振ったり振られたりだが慰労は続く。今日はTHE LAST 慰労。その前に映画「彼女がその名を知らない鳥たち」を観た。「共感度0%、不快度100%」という謳い文句だったけれど、女の人は絶対ああいう風に感じたり振る舞ったことあるよね。ド底辺クズの映画を観るはずだったのに途中からミステリじみてきて、結論としては最高にピュアなラブストーリーだった。ハッピーハロウィン!

f:id:hokotatetsushin:20171031173257j:image

THE LAST 慰労は青山にて。ご馳走さま!

最近読んだマンガはこんな感じ↓

f:id:hokotatetsushin:20171031123552p:image
ロッタレインはうつくしい義理の妹への禁断の愛というよくあるっちゃある話なんだけれど、画力(えぢから)と詩的な表現がすごい。要所要所で心象風景をバーンと見開きで見せることで、主人公が追い詰められていく緊迫感がよく出ていた。義妹が所謂ファムファタール的な描かれ方をしていないのも良い。遠い記憶だけど無邪気でナボコフめいている。ナオミ(a.k.a.痴人の愛)ではない。
ここには出てないけど久々にかわかみじゅんこも面白かった。男子へのリスペクトがあるのが良い。男子っていうより「男のコ」って少女まんが風に言いたくなるナイーブさ。水城せとなは、流行りの題材をこう作るのかー。流石って感じ。「月曜日の友達」はマンガ好きなら読むべき。