ほこたてつうしん

音楽と文学と可愛いものすべてを愛する日記

川崎ノーザン・ソウル

靴屋さんで足のかたちを見てもらったら、幅が狭く甲が低いと言われ、改めて瞠目。「日本人でこんなにナイキとアディダスの靴が合う足ありませんよ!」って、逆にインポート含め合うパンプスがいっこもないんだけど…。もうスニーカーだけ履いてるわ。

f:id:hokotatetsushin:20180402214643j:image

f:id:hokotatetsushin:20180402214712j:imageスタジオコーストのイベント。CHAI、曲も演奏もめちゃくちゃ良い。MCも新喜劇のような安定感。在日ファンクはハマケンのエンターテイナーっぷりにシビれた。カッコいいってこういうことだよなあ。ほんと好き。Ovallは浮遊感あふれる音がいつの間にか四つ打ちになってて酔えた(実際酔ってた)。KICKは周りに合わせて知ってる体で踊ってたら楽しくて。クレバはスタアだなあ。上がってんの?下がってんの?(上がってる!)

f:id:hokotatetsushin:20180402214743j:image桜ももうおしまい。桜のモヒートを飲みながら目黒川沿いをそぞろ歩き🌸

f:id:hokotatetsushin:20180402214811j:image

f:id:hokotatetsushin:20180402214827j:imageかき揚げ、チキンかつ、たまご焼き、ほうれん草のおひたし。

f:id:hokotatetsushin:20180402214846j:imageそぼろ、いりたまご、しゃけの三色丼、ハムのレタス巻き巻き。たまご、ちょっと失敗してるよね。

f:id:hokotatetsushin:20180402214911j:imageハンバーグ、たまご焼き、切り干し大根、しいたけとなすとお豆の炊いたん、たらのソテー。

f:id:hokotatetsushin:20180402215208j:image甘酸っぱくしてみた豚丼、おいしかった!たまごとベーコンとほうれん草ともやしの炒め、切り干し大根煮、きゅうりと白菜のごまよごし。

f:id:hokotatetsushin:20180402235925j:image夜中にこんなイケナイことをしている。

 

今このレビュー(http://nuwton.com/movie/27556/)を見て、この本面白そう!買おうってAmazonリンクを踏んだら……

f:id:hokotatetsushin:20180403001520j:image買ってる!この本読んだ!脳細胞が死滅している…

 

たぶん職場とか近くにいる人の影響を受けるんだと思うんだけど、なう低めキープ。通常運転だとちょっとでも時間があればとにかく人に会いたいのに、今は音楽聴きながらずっと電車に乗っていたい。あとはなにか読むかなにか炒めているときが幸せ。

広告を非表示にする

なつかしい痛みだわ

映画ドラえもん のび太の宝島」を見て、のび太愛を深めた。あれはいい男だ。人のしあわせを願い、人の不幸を悲しめる。あとエイム神。

今回の映画は父と子の物語だったけれど、のび太ドラえもん愛にも瞠目。ジャイスネもかっこ良すぎ。日常パートは四畳半が狭くてリアル。動作が多くて枚数凄そう。冒険パートはラピュタだった。

話ズレるけど、私ラピュタの男女の役割を誇張して描いているところが好きなの。女の子は優しく強く料理が好きで、男の子は頑丈で弱くてロマンチック。海賊の筋肉自慢と肝っ玉母ちゃん大好き。パズーが見張り台で「シータ、寒い?」って聞くところも。差を認め労わり合っている感じ。

f:id:hokotatetsushin:20180326225749j:image桜、唐揚げ、おにぎり、チューハイ。日本のお花見は最高です🌸

f:id:hokotatetsushin:20180326225819j:imagemy birthday展へ。おまじない、白魔術、カバラ、ソロモン王、ラピスラズリ……当時あの世界にふれた女子は澁龍や酒井潔、ボルヘスにつながるすこしふしぎな素地を形づくられていたように思う。取り敢えずモテからは遠ざかっていたような。

f:id:hokotatetsushin:20180326225841j:image豚のしょうが焼き、ハムとほうれん草の炒め、三目豆、しいたけの炊いたん、ゆでたまごブロッコリー

f:id:hokotatetsushin:20180326225911j:imageハンバーグ、たまご焼き、ひじき煮、ブロッコリー、ほうれん草とにんじんソテー。

f:id:hokotatetsushin:20180327205237j:image母の手づくりしゅうまい、ゆでたまご、ひじき煮、ブロッコリー。地味なのでハムを飾り切りしてみたよ。

f:id:hokotatetsushin:20180326225937j:image母校近くのキッチンオトボケ。

広告を非表示にする

ダルなロックでイルでチル

なーんも問題ないのになーんかダウナー。あれかな、仕事の都合でくるりzeppのチケット手放したからかな。CHAIのライブも行けるか分からんし。Spotifyで暗い昭和歌謡ばっかり聴いてるせいかもしれんし、ルポ川崎のせいかもしれん。それとも将来への唯ぼんやりとした不安(芥川)かしら。さいきんのできごと↓

f:id:hokotatetsushin:20180322191353j:image左、コスメそのもののデザインが可愛い♡

f:id:hokotatetsushin:20180322191416j:image下北沢のにしんば。たぶん来月また行く。

f:id:hokotatetsushin:20180322191447j:image日芸の卒制展で見た池袋の模型。

f:id:hokotatetsushin:20180322191523j:image梅ラボ!梅ラボ!

f:id:hokotatetsushin:20180322200134j:image節約とダイエットのため地味弁つくる。メンチとかぼちゃ、なすとアスパラのトマト煮、たまご焼き、きゃべつのみそ和え。

 

しかし今日は「私のために書かれたと思しき本」とのよき出合いがあったので元気出てきた。毎ページ「それな!」だよ。

広告を非表示にする

I shop therefore I am

素面なのについ終電を逃し3時に新橋からタクシー7200円辛い。今読んでるやつ↓

f:id:hokotatetsushin:20180310205442j:image

1991年に生のリアリティの白さを語る岡キョン。90年代は遥か遠くになりにけり、なのに私こそなう乖離。それな!と膝を打つ気持ちと、尚ぜんぶ自分ごとに寄せて考えたい気持ちと。資本主義のドレイなので春物捕らえに行ってくる。効きはわるいが取り敢えずキメる。トレンドという安心を買う。

●私の人生、大事なことは半分くらいは酔っ払ってるから(加藤登紀子

KOTOちゃんとかBiSとかアイドルを見ていると、到底凡人では到達できないであろう境地に立っているのだなあと畏怖を覚える。ものすごいストレスと自己肯定感、焦燥感と多幸感を同時に抱えているんだろうな。

水城せとなの「世界で一番、俺が〇〇」の4巻が恐ろしすぎる。今まで読んだどんなホラーより怖かった。隣の少女より黒い家より!デスゲーム文脈のわりとお気楽な絶望ストーリーなんだけど、人心を操るってこういうことなんだ!っていう。優れたエンターテインメント作品でした。こえー🤨

●今更だけど月曜日の友達2巻、最高感ある。「人を思うつらさを味わった。人に思われる喜びを知った。友達がたったひとりできただけでこの世のすべてと戦えると思うくらい幸いが血潮を沸かした」

広告を非表示にする

愛が噛みついて離さないというけれど

 f:id:hokotatetsushin:20180307003802j:image

エログロミュージカル映画ゆれる人魚」を観た。
80年代ポーランドの享楽的で退廃的なナイトクラブが舞台で、そこで奏でられるポップで煌びやかな音楽がこの映画を凡百のモンスターパニック映画と隔てている。
*
私、この感じ知ってる!
すべてがアルコールの中に溶けていって自分の大切にしていたもの(身体とか気持ちとか)が全部どうでもよくなる感じ。あの、空気中にアルコールが霧散してまた肌から吸収されていくような感じがこの映画にあった。もっと例えるならリンチの赤い部屋みたいな。ゴージャスで心地よくて不安で美しい。私のための映画だと思った。
*
恋するって相手を食べちゃいたいってこと。性行為も人魚たちの捕食も好きな相手を自分の体内に入れたい(物理)って意味では同じだしロマンチック。いちど陸に上がったら(暗喩的)恋のひとつもして成果物持ち帰らないとね。それがPDCA回すってことでしょう。ハツモツ美味いしね。
*
この清潔な時代の愚かで豊かな性生活と違って、どこか息苦しく明日がないような刹那的で東欧的な血塗れの交歓。「男なんてみんなちんちん虫よ」(岡崎京子桜沢エリカ)とか呟きながらもっかい観たいな。まとめると、最高の映画だった。

*

蛇足だけど、シェイプオブウォーターのアマゾン帰りの恋するハイティーン(相対性理論)な彼の中にもこんなエグくて可愛いモンスターが潜んでいたのかな。もっと彼の気持ちが知りたい。拘束され生きるための権利を奪われた状態で生存本能から庇護者に縋ったのではなく、種族を超えた本物の恋なのだと納得してときめきたい。

f:id:hokotatetsushin:20180307003814j:image

聖なる鹿殺しも見なきゃ。

 

広告を非表示にする

桜桃の果てに

f:id:hokotatetsushin:20180304210934j:image

左のポーの一族の限定BOXは母もよろこぶ逸品。美麗ポストカードつき。

右はモテてモテて困っちゃう♡な伊藤潤二人間失格。全国津々浦々の大学生がそうであるように私もまた学生の頃よく太宰の話をしてた。曰く理解されないとき道化るよねー、阿呆の振りすると楽だよねー等。振りじゃないし自意識の塊だし生きづらいし抑圧から解放された挙句アレだし。そして私現在進行形でしんどい娘(清水博子)だけど、ワセジョじゃなくて早乙女だから。早乙女の定義は審議中です。

 

f:id:hokotatetsushin:20180304212242j:imagef:id:hokotatetsushin:20180304212254j:imagef:id:hokotatetsushin:20180304212306j:imagef:id:hokotatetsushin:20180304212321j:imagef:id:hokotatetsushin:20180304212328j:imagef:id:hokotatetsushin:20180304212342j:image

黒川紀章の歴史的建造物、中銀カプセルタワーの中に入った!船にも似て、いかに狭いスペースの中で快適に暮らすかという創意工夫に満ちていてドキドキした。ひと部屋ほしい…

広告を非表示にする

取り敢えず飲む、騙されに行く(思いのダンゴ)

シェイプオブウォーターみてきた。なんてロマンチックな映画なんだろう。冒頭5分でもう、100%好きな映画だなって思った。なぜならインテリアとファッションがめちゃくちゃ可愛いから!うまくすればアメリにできるのに、あえてそこでヒロインに××させるのがいいな。

 *

パンズラビリンスが愛と恐怖と憐憫の物語だとしたら、シェイプオブウォーターは愛と友情と性欲の物語。そこをファンタジーに落とし込まないできちんと形状の説明まで描いているのが良い。身体の形は違っても結局いちばんわかりあえるのはこれでしょ?という。高齢女子のエグいほどの性欲よ!そりゃあんないい体だし?ヌメっとしたらムラっとするし?なんだろうこの感想。

*
しかし思ったよりおとなしく、予想できる範囲で小ぢんまりとまとまっていた印象はある。泣きたい気分だったし異形の愛にぐっちゃぐちゃにしゃくり上げてマジ泣きする準備はできていたのに、なんか普通に知り合いの惚気話を聞いたときのような……

*
もっとオラにエロとグロを!ギーレルモ!デールトロ!なんだかんだこの人今いちばん好きな監督だなあ。あ、でも水生生物繋がりでゆれる人魚みなきゃ。

*
#シェイプオブウォーター #ギレルモデルトロ #パンズラビリンス

 

f:id:hokotatetsushin:20180302004929j:image

ファンシー絵みやげ大百科、DUMMUNE見れなかったことが心残り。

f:id:hokotatetsushin:20180302004947j:image

落合陽一×tofubeats

f:id:hokotatetsushin:20180302005020j:image

×イカ

 f:id:hokotatetsushin:20180302005038j:image

Spectatorのつげ義春特集号。せんせいの最新ポートレートも!

f:id:hokotatetsushin:20180302092021j:image

セックス!しば漬け!ロックンロール!

ジェラシーはダストボックス!

 

広告を非表示にする